[WordPress] テーマやプラグインのアップデートを非表示にする

web

ほんとはアップデートしたほうがよいのだけれど

WordPressには、WordPress本体やプラグイン、テーマがアップデートされた時に「WordPress 4.X が利用可能です!更新してください。」等と通知してくれる機能があります。
が、この親切な機能のおかげで、納品後にクライアントが良かれと思って、テーマやプラグイン、WordPress本体をアップデートしていまい、悲惨なことになるケースが多発しています。

納品先でテーマをアップデートされてしまう悲劇を防ぐために

クライアントに「アップデートしないでね」等と伝えても、重要なことと捉えてもらえなかったり、うっかり忘れてしまったりするものです。
そこで、そもそも「アップデートがあることに気づかない」ようにすることで、こうした悲劇を未然に防ぐことができるのだ。

注意点

そもそもアップデートというのは、セキュリティの観点から見ても非常に重要です。
定期的にアップデート作業を請け負う前提で導入するようにしてください。

    //WordPress本体の更新通知を非表示
    add_filter("pre_site_transient_update_core", create_function("$a", "return  null;"));

    //プラグインの更新通知を非表示
    remove_action("load-update-core.php", "wp_update_plugins");
    add_filter("pre_site_transient_update_plugins", create_function("$a", "return null;"));

    //テーマの更新通知を非表示
    remove_action("load-update-core.php", "wp_update_themes");
    add_filter( "pre_site_transient_update_themes", create_function("$a", "return null;"));

function.php
このコードをfunction.phpに記述することで、アップデート通知が表示されなくなります。
これで突然の電話に怯える日々は終わったのです。やったね。

関連記事

[WordPress]ダッシュボードの不要なメニューを非表示にする
プラグインやテーマへのリンクを非表示にしてしまえば、さらにリスクは減るはず。

目次へ戻る